大阪維新の会HPへのリンク
クリックで大阪維新の会HPへ(新窓)


大阪維新の会、候補者募集
詳細はこちら


青野よしあき公式ブログ、移転しました
新ブログはこちら

2009年05月30日

維新開幕・・・夏休みの宿題?

ばたばたと、慌ただしく過ぎ去った。5月議会。昨日、閉会しました。

新型インフルエンザ対策に関する、予算を初めとする、補正予算が可決されました。

また、我々、議員報酬のボーナスカットも、今回は、ばたばたとすることなく、すんなりと可決されました。

又、新議長も朝倉先生に、新副議長には、野田先生も決まり、新たな議会運営が始まりました。

畠議長、鈴木副議長には、1年間大変ご苦労様でした。最後の最後まで、我々の行動に、御配慮頂き、感謝申し上げます。


皆さんも、ご存知のとおり、我々、自民党・維新の会の大きな宿題である、無記名投票廃止の規則改正案つきましては、継続審議になりました。

即決採決を主張しておりましたが、自民、民主、公明、共産から、継続審議の申し出が、同日出されていたので、まずは、朝倉新議長の下、まずは、即決を採決を行うかどうか。即ち、無記名投票を即廃止をすべきであるとの、問題提起に、賛成してくださった議員112名中、13名でありました。

うむむ・・提案議員は11名。2名多いじゃん。そうなんです、民主会派の席から、2名の先生が、賛成起立です。1名の先生は、退席とのことです。
以前のブログにも書きましたが、男前が登場した瞬間を、真正面から目の当たりにしました。
我々が、会派を立ち上げる以上に、勇気ある行動です。会派の方針と反し、「ごちゃごちゃ」言い訳ばかりをせず、ストレートに自らの主張を、府民の皆様方に見える形で表現された。

今回の結果は、継続審議ということではありますが、我々が、行動を起こしたことにより、府議会全体の問題意識へと広がり、府民の皆様にも、この閉鎖的な議会の現状も、ガラス張りになりつつあると思います。我々の、たくさん抱える、宿題の1つではありますが、確実に3月から進歩進歩していることを感じながら、次の議会での再アタックを行います。

継続理由の中には、「拙速」であるとのご意見がありましたが、問題点ははっきりしていると思います、次の議会?・・・・6月30日には、国の補正予算関係による、臨時議会が行われる予定でありますので、今回の件で、多くの先生が、「俺たちが、俺たちが、」と多数でないとできんのや。と声を荒げてますので、物事早いに越したことはないので、夏休みの宿題とせずに、期末テストまでの宿題にしませんか?

我々からは、大きな問題を提起しました。即ち、「宿題を、出したわけで」、継続審査を望まれた、即ち、「宿題を持ち帰った。」ということでありますんで、早く、答え合わせが出来るのを楽しみにしております。

今回は、議会での質問作成や議会運営の細かな所までの、色々な事をそうていした、シュミレーションの勉強を、ゴールデンウィーク明けから、体力、知力を振り絞りましたが、来週から、臨時議会に向けての、資料集めです。がんばりまーす。

とにもかくにも、多方面からサポートしてくださった、チーム維新のスタッフの皆様方、本当にお疲れ様でした。
posted by 青野よしあき at 16:59| 未分類

2009年05月29日

平成21年5月定例会 自由民主党・維新の会 討論

本日の討論の内容を記載致します。


---------------------------------------------------------


平成21年5月定例会 自由民主党・維新の会 討論

 自由民主党・維新の会の青野よしあきでございます。
我が会派を代表いたしまして、今次定例議会に上程されております諸議案等に対し、
我が会派の態度と見解を申し上げます。

今議会には、インフルエンザ対策に関する補正予算案が提出されております。
知事をはじめとする関係理事者のみなさん、
現場対応にあたる職員のみなさんにおかれましては、
国内、府内での感染拡大からこらまでの間、土日昼夜を問わずこの問題に対し、
府民の安全安心のために御苦労いただいております。
23日には、知事が『都市機能回復宣言』をされました。
感染は収まる傾向とのことであり、いずれ終息することと思いますが、
もうしばらくの間、気を抜かずに頑張っていただきたいと思います。

 しかし今後、夏が過ぎ、秋から冬になりますと、通常のインフルエンザが
流行しやすい時期を迎えます、その際は、通常インフルエンザ、
そして今回の新型インフルエンザに加え、
当初懸念されていた鳥インフルエンザについても、十分な備えをしておく必要があります。

 そのため、感染予防策として、通常のインフルエンザワクチンと
今回の新型インフルエンザワクチンにつきまして、技術的な検討をしっかりと行い、
必要かつ十分な量が供給されるよう、国に要望することを求めます。

 さらに、当初懸念されていたような、鳥インフルエンザが人から人へと感染し拡大するなど、
再び新たなインフルエンザウィルスが蔓延した場合に備え、
いわゆるパンデミックワクチンが早期に製造できるような体制の整備を、
国に要望するように求めておきます。

 一方で、特に温度が低く、空気が乾燥した環境では、
その空気中に漂うインフルエンザウィルスが長生きできるため、
そのことが冬を中心にインフルエンザが流行する要因の一つと言われています。

 このため、インフルエンザの感染拡大が深刻になった場合などに備え、
医療機関などの患者や不特定多数の人が集まる場所などにおいて、
一定の空間のウィルスを取り除くような、具体的な方法の研究、検証に、
府として取り組んでいただくことを要望します。


 次に、府庁職員のモチベーションの問題につきまして、申し上げます。

 大阪維新は、実際は知事一人で実現できるものではありません。
知事と議会との共同作業が必要であります。そして知事は、
そのサポートを行う職員のマンパワーを最大限に引き出し、活用しなければなりません。
そのため、職員のモチベーションのさらなる向上を図っていくことも、
府庁という大きな組織のリーダーとして、重要な役割であります。
 このたびの一般質問において、我が会派の鈴木議員が、
今回の期末・勤勉手当一部支給凍結について質問しましたが、
知事は、「民間が下がっているから我々も下げる、
国に追随したという意識はない」と答弁されました。そして続けて、
「額だけではなく、解雇されないという労働環境も含めて民間と比較すべき」、
さらには、「今までのでたらめな府政運営のつけと、
民間の厳しい経済状況というものを職員には覚悟してもらわないといけない」、
と答弁されました。

 確かに、民間のボーナスが府庁職員よりも低ければ、
職員のボーナス引き下げは仕方がありません。
昨年8月からの給与削減につきましても、府民とともに歳出削減に伴う痛みを分かち合う、
という府独自の大きな目的、分かりやすい理由がありました。
しかし、今回の答弁にありました「解雇されない労働環境」でありますとか、
「今までのでたらめな府政運営のつけ」というようなことについては、
これを直ちに現役職員の待遇に結び付けようとするのではなく、
もう少し深い議論が必要であると思います。

 現在、府は財政再建中であり、主たる税収である法人二税は、
景気に左右されやすく、脆弱なものです。こうした中、知事の一義的な公約、
すなわち、収入の範囲で予算を組む、将来世代につけを残さない、ということは、
ぜひとも守っていかなくてはなりません。

 そのためには、今後とも、全ての職員が紙一枚、鉛筆一本たりとも無駄にしない、
という強い信念を持つこと、そして、府民サービスを低下させることなく
必要経費の削減につなげられるような、部局横断型の施策再構築のアイデアを、
職員自らが提案できる、そのような気風を作り出すことが必要であります。
そうしたことのためにも、職員のやる気をこれまで以上に
引き出していくことが不可欠となります。

 したがいまして、組織のトップである知事は、職員のモチベーションを維持し、
向上させていくため、職員の待遇に関することについては、
ご自身の考えを、もう少し丁寧に説明していただきたいことを求めておきます。

 最後になりましたが、今次定例会に提案されております諸議案のうち、
閉会中の継続審査を付託する旨を議長に申し出ました
第11号議案以外の各議案につきましては、全て「賛成」であることを表明し、
わが会派の討論を終わります。

 ご静聴、ありがとうございました。
posted by 青野よしあき at 16:58| 未分類

やっぱり、おかしかった最終日。

午後1時開会予定の本会議が、2時、3時、3時30分。と開会が延びています。
現在は、3時35分を過ぎて、まだ控え室。と、その時、自民府議団が総会を行うとのマイクアナウス。
いったい、この府議会は、どないなっているんのか?数の理屈で、会議が開けない、おかしいでしょ。

その後4時に開会行うとの事務連絡ですが、トイレに行っている間に、更に、15分後の4時15分開会との連絡。ほんま、開会できんのか?


無記名投票廃止の件で、未だに、揉めている?開会直前になり、揉めだした?
会議の内容は、憶測でしかわかりませんが・・・?

いずれにしても、維新の会派は、本日の会議で、採決を。自民等はじめ、他の会派は、継続審議を求めるとの方針をされているわけですから、粛々と日程を行って下さい。

世の中は、月末の金曜日。忙しい時間を慌しくされている中、大阪府議会の時間感覚のなさに、虚しさを感じます。
posted by 青野よしあき at 15:59| 未分類

2009年05月28日

最終日、前夜。どうも、おかしい!

どうも、おかしい。最終日を目前にして、どうも、おかしい。

議長候補者も、お決まりのようで、後は、副議長ですか?

いずれにしても、1年間波乱が続く議会が予測されます。9月議会には・・・・・・

橋下知事に、堂々と議論できる議会運営を、オープンな場、府民に見える形の議会に変えていただきたいその1点です。宜しくお願いします。

それと、以前所属していた会派で、「定数削減を行うけど、かまわないか?」と問われ。「もちろん、腹はくくっています。東大阪は以前から、削減対象区になっている話は、市民みんな知っていますし、次回は当然、削減になるもんと理解していますよ。僕個人の政治スタンスでも、市議会時代は、先頭になって削減運動を行い実現してきましたから、僕が、選挙でべったこやから、それは、こまりますわ。といえますかいな、僕のファンが逃げてしまします。どんどん進めてください。」
「よっしゃ、わかった。」とのこのような、やり取りが行われてから、既に、2年が経ちました。

いたずらに、先延ばしばかりじゃなく、ええ加減決めてくださいよ。他にも、平野区、八尾市が対象のようですが、当事者は、物ではないので、宜しくお願いします。

また、昨日の質問の中にもありましたが、大阪市との関係についての議論がありましたが、今後政令市における、府議会とは?このことも、問題視していただきたいものです。また、大阪府民880万に対して、何人の議員が必要なのか?既存の、枠組みではなく、縄張り意識を取っ払っての議論も必要でしょう。
新しい議長さん、宜しくお願いします。

と、「おかしい」、のことですが、明日提案する無記名投票廃止の規則改正、どうも結論を先延ばしするような、動きのようです。
先延ばしして、その先に結論を出してくださるのか?我々が、2月議会終了後から、問題定義をしていたわけですから、これから議論?
本当に、スピード感に欠ける、政治ですね。
posted by 青野よしあき at 17:02| 未分類

2009年05月27日

パパとぱぱ!

本会議での一般質問も終え、29日に、今議会に上程されている議案を採決するのみです。
そして、通常でしたら、議会内の役員改選を行い、5月議会は閉会しますが、今回は、多くの注目を集めています、昨日、提案しました、無記名投票廃止の規則改正の賛否を府民の皆様方に、ご覧いただく日程があります。

議長を誰か?副議長は?とか、この時期地方議会で繰り広げられる、府民から非常に分かりにくい、権力争いが水面下で繰り広げられていますが、今回は、維新の会には、全く無関係な話で、昨日の質問が終了してからは、無記名投票廃止の規則改正を成立する為に、神経を集中しています。

他の会派は、それぞれのご意見をお持ちのようですが、各議員が議案の賛否に対して、責任をはっきりとし、府民の皆様によく見える、議会にする為ですが・・・・・・・どうも、議会内では、わけわからん、論理が渦巻いているようです。
「例えば、人事に関すること、議員同士で、溝が出来るから、無記名が良い。」全く理解出来ない。知事が提案する人事案件については、賛否を明確にするのに、議会の人事役選は、無記名で。改めて理解できない。
重要案件やからとか、色んな議論がありますが、自分の意見は、税金で事が行われている議会、全てが重要案件ではないのか?
「自民党内でも、共に記名投票に賛成した、28人?の先生方はどうされるんですか?」
「もう少し、議論する時間が必要、新たに委員会を立ち上げて議論を行う。」時間をかけて、慎重に議論する。いったい誰のため?議員自らの事ですよ。決して、先延ばし論は、府民のためではないと思います。
今の大阪の情勢を見れば、このような事に、時間をかけている場合じゃないですよ。スピード感を持って、事案をどんどん進めていきましょうや。
他会派にも、議員自らの信念で、賛同されている、男前な先生もおられる。採決日には、ありゃりゃ、とびっくりする男前の先生方の登場を期待しましょう。
 
志を立てる為には、人と異なることを畏れてはならない。


最後に、本会議の休憩の時、2番席から、ひな壇の知事の席に、こそこそ話。
「最近、眠たくて眠たくて。1歳になった息子が、最近早起きで、4時半に起きますねん。どんどん、体叩かれて、あそぼあそぼで・・・どないしましょ?」
「ひたすら、あやしてください。」知事の早い答弁。休憩終了後、再び知事席前で、今度は逆ナン?
「あ お の さーん!・・・・無視して、ほっとく、それも、方法ですよ。」とアドバイス。
議会で緊張続く中、一瞬、パパ橋下に出会えた瞬間でした。
知事、些細な質問に、2度も答えて頂き、ありがとうございました。今後も、子育てアドバイス宜しくお願いします。
posted by 青野よしあき at 23:56| 未分類

WTC再チャレンジへ。

自民党・維新の会の質問が終わりました。
鈴木先生が、我々の思いを堂々と主張され、橋下知事に対しても、きっちりと問題点を詰めて、答弁を引き出していました。特に、水道問題、WTC庁舎問題、情報公開と議会の透明性に関しての質問で、知事の思いをかなり引き出したのではないでしょうか?

まず、水道問題につきましても、現在の470人体制から、大阪市との統合により、水道部は廃止し、最低限の体制で、安全安心の水を供給する体制を目指す。と知事も発言されました。
この1年の水道統合問題では、府、市の互いの垣根を越えずに、組織防衛ばかりの議論で、イライラしていましたが、、本会議の答弁での知事の発言です。今後の、統合に向けての、部の進むべき方向と進め方が明確になったことは、非常に大きな問題だと思います。以後の議論が、これまで以上に加速の段階に来たと感じました。

又、庁舎移転の問題(WTC)についても、知事も、大阪に変化を与えるためには、南港への庁舎移転を諦めていないと、はっきりと答弁され。推進賛成派の我々には、大きな目標が再熱です。

庁舎移転案を反対した議会、その後は対案もなく、傍観している議会。
耐震補強がされずに、危険な状態が続く、放置されている現庁舎。 

知事答弁でも「耐震補強を行うために、作業を進めている」・・・・・。既に、昨年に耐震補強の作業はすんでんのでは?予算は?疑問もありますが。一方で、移転には意欲を持たれ、「条件が整えば、議会に相談。」・・・・・どっちやねん。でも、やっぱり、南港ですね。

ただ、知事の意気込みとは別に、現在は、管財人がボールを、握っています。
いたずらに時間をかけるのではなく、問題を解決するためにも、リミットが必要です。
夏ごろには、管財人が買取希望者を公募。12月には、大阪市の結論も出るとのことなので、今年中には、庁舎問題は結論づくものと思います。

ボールが返ってくれば、再チャレンジの動きが出てくるのではないか?大きな壁を乗り越えるためにも、何度もアタックする事も大事なことです。

無記名廃止の議論も、本会議場で、堂々と宣言。知事も、これから、国との違いを見せるためにも、国会との違いを見せるためにも、「廃止は当然と」援護射撃。ありがたい話です。

昨日の、自民党・維新の会・鈴木 憲先生の質問で、はっきりしたことは、知事のとの近い距離で議論させていただき、政策に方向が一致していれば、強烈にタックを組んでいる姿がはっきりしたのでは。

今後も、がんがん、維新の会は、やっていきます。

鈴木先生、お疲れ様でした。ナックルボールは、なかったですね。
甲子園球児の憲さん。花園ラガーマンは、どうでしたか?
posted by 青野よしあき at 08:42| 未分類

2009年05月26日

無記名投票廃止

さきほど、議長宛に無記名投票廃止の議案を提出してきました。

この議案が成立して、少しでも有権者の皆様に見える形で議論が出来るオープンな議会になるようにがんばります。


「提案理由」
大阪府議会基本条例第5条第1項において、「議会は、透明性及び公正性を確保し、府民に分かりやすく、開かれた議会運営に努めるとともに、説明責任を果たさなければならない。」という議会の活動原則が定められていることから、表決に参加したそれぞれの議員は、その投票内容等を府民に分かりやすく示す必要がある。よって、表決方法について、無記名投票を廃止するため、現行規則の一部を改定しようとするものである。

サインS
posted by 青野よしあき at 18:33| 未分類

甲子園VS花園(高校球児VS高校ラガーマン)

いよいよ、午後から、5月議会の一般質問が行われます。
一般質問とは言え、自民党・維新の会のデビュー戦でありますから、我々、6人が協力して作り上げた、知事に対する質問です。このマウンドには、鈴木 憲 先生が登板されます。

高校球児、野球の名門 PL学園出身、甲子園出場経験者の、鈴木先生でありますから、
大舞台には、もってこい、満を持しての登板ですから、大いに期待してください。

先生が、投げるボールも、直球、スライダー、カーブ、ナックルと多彩でありますから、橋下知事も、キャッチャーとして、ドシと受け止めるのか、バッターとして、打ち返すのか、楽しみですね。

いずれにしても、好試合を期待しましょう。

今回の質問作成に携わった、多くのスタッフ、我々も、チーム維新のメンバーとして、ベンチから、アルプスから一体となって、大阪維新の開幕を共に戦います。

先程、井上幹事長からの報告で、理事会の中で、正式に、無記名投票廃止の規則改正を行うことを表明されました。理事会での全会一致が、慣例のようですが、府民からは不透明でありますので、堂々と、本会議での議場で、賛否を問いたいと思います。
府議会で、我々と思いのお持ちの先生方、垣根、枠組みを越えてのご協力宜しくお願いします。
posted by 青野よしあき at 10:53| 未分類

2009年05月22日

自民党・維新の会 議会デビュー!

5月議会が開会されました。自由民主党・維新の会、議会デビューです。
議場での議席も変更し、議席番号4番から2番へ。知事に向かって、正面から右側のエリアへ。野球で例えると、センターからレフトへ。2年間経験した、議場での景色から一変し、改めて、「やったるでぇー。」との思いがわいてきました。議席番号2番席。議会内で、2番目に、橋下知事に近い、議席です。もう少しで、知事にもっとも近い議員へ、後一歩。と冗談を言いながら、これからも、知事に対して、近いポジショニングで、がんがん、意見をぶつけていきますんで、宜しくお願いします。

本会議終了後、維新の会立ち上げの第一の仕事、議会の透明性を、無記名投票廃止の規則改正の提案の手続き準備を始めています。我が会派以外の先生方からも理解をえながら、週明けいよいよ行動を日です。井上幹事長も、理事会、議会運営委員会の場面でも、何度も、意見を述べていただいております。「機は熟した。」「いざ・・」、府民の皆さまにわかる形で、議論させて頂きます。29日の採決日に、ご期待と注目を。
高いハードルが予想されますが、壁が高く、厚い程、ファイトと知恵が湧いてくるのは、性格なんでしょうね。自らの選挙も、そうやったなあ。

今、控え室で議案提出を行う手続き、提案書にサインしています。
posted by 青野よしあき at 15:00| 未分類

2009年05月21日

議員のボーナスカット、まさか、ゼロってことはないでしょうね?先輩。

5月議会開会日前日。午前10時から登庁し、鈴木先生の質問作成のお手伝いです。
知事が、最近ますます主張される、地方分権を強力に進めて行く為、言葉とは裏腹の実態をどのように進めるか?大阪市との関係、市町村との役割分担、広域行政などなど、大阪府がイニシアチブをとり、具体的な、垣根エリア意識をなくしていくためにも、言葉ではなく、具体的に、現状を知事にも、理解していただきたい。

WTC庁舎移転、その後は?都市軸を動かすことが、大阪に変化を巻き起こす、きっかけとしたい。
あの熱い思いを語られた知事、2ヵ月後現在の心境は?

水問題。来年4月、府水道料金値下げ、水需要予測の見直し。
府市統合。2つの組織が1つになる、当然、体制も、現在の定数480人?(だったと)から縮小、廃止へ。知事は、ガバナンスの担保があれば、大阪市に、事業継承してもかまわない。今回の、大阪市の提案を受けて、最低限のガバナンスを維持するための、体制は?

職員の皆様が、ボーナスカットを行うことに、腹を決められた。そこで、議員さんは、どないすんのん?
維新の会以外からは、積極的な議論が聞こえてこない?明日の議運で聞けるのか?
自らの身分に関わる問題。判断については、無記名規則廃止の議論と同じように、腰が重いのか?
議員のボーナスカット、まさか、ゼロってことはないでしょうね?先輩。

などなど、質問作成の中で、憲先生と雑談しながらの会話です。今回の議会質問の趣旨は、こんな感じかな?教えて、答えて、橋下知事さん。

それと、新インフルエンザ対策、予備費での備品購入執行状況は、個人防護服、1,5万人分 27,000千円。検査キット等、2,000セット 4,000千円 計31,000千円です。今回の補正予算に計上されている、約2,1億円の対策費。29日の最終日に議決されても、備品が揃うのが、6月末だそうです。品不足の状況があるかもしれませんが、予期せぬ事態に備えて、早期に万全の準備を行うべきで、議会の議決は、早いに越したことはないと思う。このことが、理解されないことが、非常に残念です。最終日の議決日は、議会の役員改選も行います。役選、ポスト争いでの影響で、議決が遅れないことを、今から心配します。
posted by 青野よしあき at 17:51| 未分類

2009年05月20日

新型インフルエンザ対策・・・予備費??

新型インフルエンザが感染拡大する中、大阪府も土曜日の対策会議を開いて、今後の判断を行うとのことのようですが、府議会の動きが、感性、感覚が、世の府民の感情とずれているのではないのか?連日、インフルエンザ対策に関する、問い合わせも、我々の事務所にも多く寄せられる。
連日の会合でも、府は万全の体制で臨んでいます。との説明をさせて頂き、補正予算にも対策費、約2億円が計上されており、府民の安心、安全を守る為、速やかに予算執行できるように、速やかな議決を行います。と説明しています。同じような事を、述べる議員先生方の声も聞こえる。

だかれゆえに、我々は、先議として開会初日に予算議決を求め行動、議長に申し入れをさせていただきましたが、先ほど、井上幹事長から電話を頂き、結論から話せば

「先議をしてまでも早急に決めなくてもいいとの判断です。既に、必要とされる対策費は、予備費で賄っているからと、お役所の方々の説明があったから、問題ない。」

僕には、全く理解が出来ません。そもそも予備費を充当して、既に、対策を行っているから?
それならば、予備費で賄うのであれば、補正予算に計上する必要性は?単なる、会計上の穴埋めだけの審議ですか?予備費の執行は、あくまでも、行政側の手法であって、議会がそのことを丸のみすることに対しいかがなものか?二元代表制と主張するのであれば、議会は議会独自のチェックが必要と思います。予備費があるから、もし予備費がなければ、どうすんのん?

議会基本条例を制定し、知事の専決まで厳しくチェックするとおっしゃていた方々。このような、予算の執行の仕方に対しても、毅然とした態度が必要だと思います。
予備費という予算枠は、便利ではあるが、非常に危険な予算でもあると思う。

ともあれ、今回の補正予算の計上、一方での予備費での執行、その後、議会審議を行う。
一度。開会日まで、1日。予備費の執行状況を確認する必要性があります。

橋下知事は、どない考えてんのん?このことについて。
posted by 青野よしあき at 17:59| 未分類

2009年05月19日

新型ウイルスエンザ対策、議長要望へ。

本日も、地元の挨拶廻り、陳情、相談と、駆け回りからの一日の始まり。
先日の府政報告会に来られていた方から、電話も頂き。
「毎度、がんばとるか。こないだ、知事が話してた、知事会のプール金の話、2週間もたたん内に、全国で話題になったるがな。さすがやな。よけい、府政が身近に感じたわ。お前らも、あのスピードに負けんと、がんばれよ。」との声。

沢山の方々と話している内に、時間も経ち、午後3時に府庁に来ました。

5月議会を直前に、我が会派からは、鈴木憲先生が質問を行います。
維新の会としての、議会デビュー。質問作成も、協力して行います。
控室で、役割を決めて、質問作成のお手伝い。がんばりまーす。

その後は、夕方4時に、井上幹事長、鈴木先生と共に、畠議長のおられる、議長室へ。
公務お忙しい中、我々、維新の会の要望に耳を傾けて頂き、本当にありがとうございました。
内容は、先日から訴えております、補正予算に計上されています、「新型インフルエンザ対策に係る予算については、状況が変化し、さらに、急を要するじたいである。議会としても万全の体制を整えるためにも、他の予算と分離、即決採決を行うべき」との要望を行いました。

議長の理解の下、速やかな、ご判断が行われることを期待しております。宜しくお願いします。
posted by 青野よしあき at 16:37| 未分類

2009年05月18日

新型インフルエンザ対策。議会も敏速に。

新型インフルエンザが、大阪府内でも感染が広がっています。
自らの自己で出来る対策は、掃除、手洗い、マスク等は、注意しながら行いましょう。

府庁に登庁しておりますが、週末から続くインフルエンザ対策の対応に、大阪府庁の担当職員を初め、不眠状態で対策に奮闘されておられます。大変ご苦労様です。

我々、維新の会のメンバーも、早朝より地元市町村、教育委員会に対応を確認を、現場に足を運び、情報収集を行ってきました。東大阪市の教育委員会は、早朝の報道を見て、初めて情報を知ったとの事で、それからの対応で大慌てとの事です。

未明での急な知事の記者発表とはいえ、責任ある幹部の方の、危機管理意識としては、驚きでした。もう少し、しっかりと危機意識を持って頂きたいです。一方、幼稚園、小学校の御父兄の方々の問い合わせが多いようです。「中学、高校が閉鎖であるが、幼稚園は?小学校は大丈夫なんですか?」の多数の問い合わせがあるようです。状況は、刻々と変化しております。保育園、幼、小に対する対応も考える必要があるのでは。現実は、子供たちも通学しているわけですから、先ずは、手洗いの徹底、掃除をこまめに行って頂きたいです。各校長先生、宜しくお願いします。

現在は、府庁の控え室で執務中ですが、この件に対して議論しております。22日から議会が開会されますが、今回の補正予算の中にも、新型インフルエンザ対策予算が含まれております。

医療機関に対する、発熱外来の設置に対する補助金、1億2900万円。
検体検査器購入費 514万5千円。
府所管の保健所で必要とされる、簡易検査セット購入費、1475万円。
防護服、6125万円。
合計、2億1014万5千円。が計上されております。

急を要するから、補正予算での議決を求められていますが、状況が一変している中、我々、維新の会としましても、最終日の議決(29日)ではなく、この予算だけは、分離議決、先議を行い、早急な対応を行うべき。開会初日(22日)に、先議議決が出来るように、責任ある対応を、今こそ行うべきであると主張しています。正式には、議会運営委員の時に、我が会派から提案させていただきます。

府議会も敏速な対応をおこなうべきでは?
posted by 青野よしあき at 14:48| 未分類

2009年05月16日

5月定例会招集告示

5月議会の招集告示が行われました。
我ら、自民党維新の会も、新しい控え室、新しいスタッフの皆様、新しいコピー機、ファックス、テレビ、
ゼロからのスタートでの立ち上げから、府庁での、初めての総会を行うことが出来ました。
全ての御膳を用意されての今までの総会とは違い、自分たちで準備もするので、大変ですが、手際よく、スムーズに物事が運んでいます。それぞれが、事を進める為、数ではなく、知恵を出し合いながら、お互いに議論が出来る、良い傾向だと思います。

井上幹事長も、理事会、議会運営委員会に出席。我が会派の第一段の仕事、会議規則改正の案を提案させて頂くと、理事会の場で正式に表明。各会派持ち帰りになっているようですが、慣例どうり、全会派一致と言う政治文化がありますが、今回の無記名投票廃止の規則改正は、他がどうであれ、我が会派は、本会議場で堂々と提案させて頂きます。22日の議会運営委員会でも、改めて提案させて頂きます。

昨夜も、自民党議員団の同期の先生方から、電話があり、「元気してるか?と、」、会議規則の改正案について、意見交換させて頂き、共に戦った仲間であるがゆえに、思いは同じでありました。
府議団での議論の進展を期待しております。
posted by 青野よしあき at 11:55| 未分類

2009年05月14日

水、水、水。

来週からいよいよ5月議会が開会されます。
通常でしたら、役員改選が主体の議会ではありますが、我々が提案する無記名投票廃止規則改正や、国家公務員のボーナスカットに伴う、地方公務員も同様のカットを行う案が、知事から提案される予定です。

この件に関しては、今まで国は給料のカットを行なわず、大阪府は、昨年大幅な給料カットを行っています。同年代の年収べースですと、50万から100万の差が生じています。知事、職員、議員全てが、一致して大きな改革を行ってきた結果が、このような差が生じてきています。国の無駄遣い、国会の場で真剣に議論して頂きたいものです。

さて、先日の府政報告会でも、知事とのディスカッションでもやり取りした水道料金の引き下げについて、昨日の知事の記者会見で、改めて言及されていた。平成13年の料金改定の時、当時、市議会での議論の中でも、値上げ幅が、大きすぎないか?との問題点がありました。
結果、大阪府の予測も誤り、大幅な水重要の予測を見直すとの事です。その分を府民の皆様に還元できると思います。たた、当時の府議会に、このような議論がなかったことに、市町村の事情を理解していなかったのでは?

昨日、職員さんから説明をうけておりましたが、知事の方針と少し、温度差があるようにも思います。専門的、技術的な事を意識されることも大事な事とは思いますが、府市統合の議論も同様に、それぞれの立場の目線じゃなくて、府民にどれだけ、安心で安価な水道水を供給できるか。それぞれの、鎧を捨てての議論を求めます。
posted by 青野よしあき at 11:33| 未分類

2009年05月13日

魚庭の海。

久しぶりに、学生時代にお世話になった、漁港に寄らせていただきました。
今年は、どうも、水揚げが思わしくないような、報道がされているので、現状を聞きに行ってきました。
春のいかなごも、通年より早く終了し、ちりめんじゃこも、今年は、かんばしくないようです。
温暖化の影響もあり、間違いなく、大阪湾の海流の変化が起こっているようであります。
漁師の皆様方も、漁場、現場で、毎年毎年、日々、厳しくなる自然の力と向き合いながら、大阪湾の再生へ向けて、どうすればよいのか?大いに悩んでおられます。

昨年から我々が取り組んでいます、大阪湾の大きな問題の1つである、大阪湾の窪地(深掘れ)問題についても、早期解決に向けて、具体的に動き出しています。昨年、知事の議会答弁で「今年の夏をめどに、方向性を。」との流れの下、現場、関係者との調整も進んでいるようです。
昭和30年代から放置していた、約3200万立方メートル、21か所の窪地を埋め戻すには、エネルギィーが必要ではありますが、出来ない出来ないではなく、取り組んでいかなければ、次世代の子供達に、大阪産の魚を伝えていく事が出来ません。

みなさん、地元の大阪湾にそれぞれの目線から、少し目を向けて見ましょう。

厳しい漁業環境の中でも、大阪産をアピールするために、大阪湾で獲れた魚を、加工、保存食として、「漁師のごはん」「なにわの漁師菜」と題した、電池レンジで、チンすれば、簡単に食べられる、食品と出会いました。これから、売り込んでいくようですが、漁師の皆さま方も、それぞれの立場で、変化、自ら動いて、前進されている姿に、なるほど!味もなかなかなで。最高でした。


IMG_0590S.jpg


200905121530000S.jpg


IMG_0589S.jpg
posted by 青野よしあき at 14:27| 未分類

2009年05月11日

大阪府警クラブ・シールズ

公式戦、初勝利、おめでとうございます。大阪府警クラブ・シールズ アメリカンフットボール。

大阪府警に、アメフト部? 先日、警察の皆様とお話する中で、最近、アメフト愛好家が集まり、活動をしていると言う話をお聞きしました。その方も、学生時代には、自分と同じように、アメフトの選手であり、話は意気投合。府警内にも、経験者が多いと事。今度、一緒に見に行きませんか?とお誘いしますと、早速試合があるとのことです。

本日、王子スタジアムで、試合がありました。王子スタジアム。西宮球場が無くなってからは、すっかり、関西アメリカンフットボールのメッカになっています。

王子スタジアムの隣には、パンダで有名な王子動物園があり、休日で多くの来園しており、スタジアム、動物園の駐車場は、混雑していました。

さて、スタジアム内では、西日本社会人アメリカンフットボール選手権大会第15回グリーンボール・ジュニアトーナメントの試合会場。

残念ながら、シールズは既に、1回戦で敗退をしておりますが、本日は、敗者同士の交流戦。
対戦相手は、オール消防ファイヤージェッツ、そう、消防隊員のチームとの対戦です。

あれ、あれれ。結構、選手が多い。サイドラインには、40人ぐらいの選手層、聞けば、50人ぐらいはおられるようです。

前半戦から、シールズがリズミカルな攻撃で先制、その後は、反撃をくらいましたが、前半終了直前に、見事なワイドレシーバーへの、タッチダウンパスが決まり、前半15−6で後半戦へ。

自分も、レシーバーをしていたので、パスが決まれば、嬉しいですね。

ハーフタイム中、スタンドの方々と、談笑をしていたのですが、選手の家族、そして、府警の方々も多く応援に。

又、選手の皆様も、大阪の治安の為、日夜、現場最前線で、頑張られておられる中での、今回の、クラブの結成。アメフトはチームプレー、特に、パス、ラン、ブロック、どれをとっても、選手同士の、タイミングが非常に重要です。シールズのプレーを見ていましても、かなりの練習をされているのが、よく分かります。勤務体制がイレギラーナ中での、練習、試合。
ただただ、驚きでした。中には、夜勤明けで、そのまま、試合に出ておられる選手も。

後半戦も、緊張感の展開ではありましたが、最終第4Q終了直前に、ランニングバックと3名入る、体系から、右サイドに、タッチダン・ランが決まり、21−6で試合終了。見事、勝利。

ディフェンスでは、2本のインターセプト、QBサックもあり、オフェンスも、ラン攻撃、パスとバランスのとれた、リズミカルな攻撃で、見ていても、飽きない素晴らしい試合でした。

秋のシーズンに向けて、これからも、シールズの選手の皆様には、職務大変ではありますが、頑張って下さい。勝利、誠におめでとうございます。

IMG_1608.jpg


IMG_1611.jpg
posted by 青野よしあき at 00:38| 未分類

2009年05月09日

議会規則改正へ

自民党維新の会・第一弾の取組。

「大阪府議会会議規則」の改正。

即ち、無記名投票の規則改正案が、本日発表し、5月議会での改正を目指して動き出しました。

6人それぞれの議員が、それぞれの情報網を駆使し、改正案、提案理由作成。

そして議会での可決のために、府議会最大会派・自民党府議団の皆様のご協力を頂きたく、新幹事長・吉田先生に正式に、提案理由を説明させて頂きました。

自民党府議団の先生方にも、我々と共通認識の先生方も多数おられたはずです。

我々が、最後に出席した、府議団総会でも共通意見があったと思いますし、色々な場面で、会議規

則の改正を訴えておられる先生の声もよく聞きます。

我々の、提案理由をご理解頂き、党内全てのが先生方の賛同を心から期待しております。

提案理由(案)は、以下のとうりです。

 ・先の2月定例会におきまして、都道府県では5番目となる、地方議会の運営を定めるための「大阪府議会基本条例」が、議員提案により可決、成立したところです。

 ・この条例の趣旨、目的、理念は、府民の代表機関である議会及び議員の職務職責を明確にし、府民の意思を適切に府政に反映させる、ということであります。したがいまして、議会の意思決定過程は、府民のみなさまが、分かりやすく確認できるものでなければなりません。
 
 ・現在、議会は、「大阪府議会会議規則」により運営されております。この会議規則に定める表決方法には、議員による無記名投票も選択できるようになっておりますが、無記名投票が行われた場合は、府民の代表である議員の投票内容、意思表示を、府民が確認できない、という事態が発生してしまうことになります。

 ・議会基本条例の第5条1項には、「議会は、透明性及び公正性を確保し、府民に分かりやすく、開かれた議会運営に努めるとともに、説明責任を果たさなければならない。」という、議会の活動原則が定められております。まさしく、議会の意思決定に関わる経過と経緯を府民に示し、表決に参加した議員それぞれに、その判断理由を明確に府民に説明する義務がかせられているのであります。

 ・この条例は、議員112名の総意によって可決、成立いたしました。したがいまして、会議規則に定める表決方法につきまても、条例の趣旨に沿った改正が求められます。

 ・以上のような理由から、議会における無記名投票による表決を廃止するために、会議規則第79条から83条までの各条項につきまして、所要の改正を提案するものであります。よろしくお願いします。

    上記の提案理由(案)と規則改正(案)を準備させていただいております。

地方分権を強烈に目指す、大阪。いま最も注目度が高まっている、大阪。だから、府議会自らも、オープンな議会に変化しなければなりません。昨日の、府政報告会で、知事も訴えていたように、無記名投票など行っていることで、国、官僚に、足元を見られてしまっている。議会の責任・・非常に思いですね。

又、自民党府議団・東政調会長も、5月議会で「大阪府商業等による地域の活性化及びまちづくりの促進に関する条例(案)をお持ちになり、我が会派にも、協力依頼に来られました。

通常の5月議会は、議長選挙などを行うのが大きな争点でしたが、互いの会派が切磋琢磨し、楽しみの多い議会になりそうです。
posted by 青野よしあき at 00:17| 未分類

2009年05月08日

府政報告会

ゴールンデンウィークも終わり、仕事バリバリモードへと、再点火しての今日。
府庁・自民党・維新の会で、5月議会に向けての準備に向けてと、大忙し。

大世帯から小所帯へと移りましたが、全ての作業を分担しながらではありますが、
みんな、「やったるで!」との思いで、張り切っています。

会派を立ち上げた、第一目標である、無記名投票をなくす、議会会議規則改正案を、政調会長を中心に、又、自分自身も、市議会議員時代にお世話になった、議会事務局経験者の方々と、連休中に作業を行い、会派として改正案を作成させて頂きました。

我が会派は、コンパクトで、政策の意思決定が非常に早く、連休中の5月2日には、総会を開き、5月議会での取り組みを、確認しておりますので、連休明けの改正案を発表出来たのであります。


さて、昨日は、地元の小阪小学校(芝生のモデル校として、橋下知事も視察にお越しになった小学校)で、「青野よしあきと橋下知事が大阪維新を語る」と題して、府政報告会を行いました。

午後6時からの開会、朝から降り続ける雨、と非常に地元の皆様には、ご無理な時間帯ではありましたが、開会前から、会場もほぼ満席。事前に、今回の報告会の内容を案内しておりましたので、新会派結成・無記名投票についての、府民の皆様方が関心が高い事に驚きでした。

開会と同時に、自民党・維新の会 政調会長 松井一郎先生が、「府議会に嵐を巻き起こす男」として
照れくさい紹介をしてくださいました。・・・・・・おっしゃっている先生も嵐を巻き起こす男でしょ。
その後は、会派結成に至った経緯、会派の取り組みを説明してくださり、皆さんもすっかり、松井節のとりこになっていました。


IMG_0428_convert_20090508201502.jpg




と、その時、もう一人の、大阪府に嵐を巻き起こし続ける男・橋下知事の登場に、会場もボルテージが高まり、そこで、マイクは、自分にバトンタッチ。



IMG_0543_convert_20090508201325.jpg


今年で、政治生活10年目でありますが、市議会選挙初めての選挙の最終日、二期目の選挙、府会補欠選挙、府会選挙と、いつも、志を決意した時は、支援者の皆様にはいつもいつも、雨に打たれてばかりで、申し訳ございません。楽な道を選択せず、いばらの道ばかりを選択する自分ですいません。今回ばかりは、自らの判断と大阪府議会にはびこる政治文化をどないかしたいんです。世間は、色々言いますが、残りの任期を選挙で訴えた事を実現するためにも、府民の皆様に見える所でしっかりと仕事をさせて頂き、退路を断って、全力で走り切りたいと訴えっさせて頂きました。


IMG_0458_convert_20090508202423.jpg


その後は、橋下知事に、マイクをバトンし、知事の思う存分お話してい頂きました。
全国知事会が、国と戦う場であるのに、事務局長が総務省の天下り先になっている。
知事会負担金が、プールされ続けている。府水道部の水需要見込みが甘かった等々、その日の、レクチャー内容を、即発表してくださり、参加者の方々も、より一層、府政を身近に感じて下さったようです。

知事の挨拶の後は、二人で、ディスカスション、フリートーク。
「知事、僕、散髪したん、気づいてくれてます?」
「そんなの、僕がいちいちチェックしていたら、おかしいでしょ?」と冗談を言い合いながら、
「水道事業統合問題は、何がなんでも、実現させましょうね」
「そうなんですよ、府水道の水予測が、多く見積もっていたようなんです。」
「受水市町村は、前回の料金改定が、含みを乗せて改定していることは、以前から、問題にしているんですよ。」
「統合問題がある中で、こんな事をしていたら、だめですよ」
「今度、議会で、府独自でも料金値下げを行えと、質問しますよ。」
「是非、してください。」
などなど、


IMG_0554_convert_20090508201233.jpg


最後には、捨て身で、突撃している、火の玉ボーイとまで、名づけられ、共に、大阪維新を実現しましょう。と訴えて閉会しました。

今回の報告会に、際しまして、各地区の幹事の皆様、支援者の皆様方の、ご協力に感謝感謝申し上げます。
posted by 青野よしあき at 14:47| 未分類

2009年05月01日

4月29日だんぢりパレード

昨日のブログにも書かせて頂きましたが、今年から長瀬(近鉄・JR共に)駅前パレードが行われましたので写真載せておきます。 
JR長瀬駅には柏田・横沼・北蛇草・長瀬の4町会でのパレード、近鉄長瀬では近江堂が加わり5町会でのパレードになりました。すごい盛り上がりで東大阪各地以外にも色々な地域のだんぢりを愛する方たちが終結していました。


IMG_0316_convert_20090501104500.jpg


IMG_0325_s.jpg



IMG_0305_convert_20090501105314.jpg



IMG_0314_convert_20090501105357.jpg



IMG_0334_s.jpg


IMG_0329s.jpg



IMG_0307_convert_20090501110108.jpg
posted by 青野よしあき at 10:51| 未分類